改めて自己紹介と不妊治療歴

blog

はじめまして、りんりんと申します。当ブログにお越しいただきありがとうございます。当ブログでは、妊活・不妊治療の実体験を元に、情報提供を行っております。

夫婦の自己紹介・不妊治療歴

  • 妻:現在33歳、夫:現在36歳
  • 都内在住、夫婦ともフルタイム勤務
  • 夫婦とも持病等はなく、健康

2016年に結婚、結婚後すぐに近所の婦人科へ通院を開始し、タイミング療法からスタート(3か月)。昔から軽度の生理不順(月経が28日~40日周期)があったため、子宮頸がんの検査を受信した婦人科で、なんとなくの流れで通院を始める。

授からないことに疑問をもち、不妊治療専門の病院に転院し検査。当時、上述のとおり生理不順は多少あったものの、検査では夫婦ともに異常なし。タイミング療法7か月、2回の人工授精を経ても一切かすらず。

2018年4月に京野アートクリニック高輪へ再度転院し、改めて検査を受けると慢性子宮内膜炎、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)、子宮内ポリープがあることがわかる。もろもろの治療後、3回目の人工授精を行い、体外受精へとステップアップ(当時妻31歳、夫34歳)。
採卵1回、移植2回(+移植キャンセル1回)にて2019年1月に陽性反応、2019年秋に第一子を出産。

クリニックへ通い始めて2年、ようやく妊娠。不妊治療の辛さは経験した人にしか理解できません。私は相談できる友人もおらず、ネットの情報に頼り、時には救われ、時には惑わされながら治療を進めてきました。少しでも私の公開する情報がどなたかの役に立ち、心の支えになったら非常に嬉しく思います。

なお、当ブログではできる限りエビデンスを載せながら、情報をお伝えしたいと思いますが、医療従事者による監修を受けておりません。その点ご理解いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。